不妊College データに基づく不妊治療の基礎知識

医療施設検索

不妊College
男性不妊症の原因

不妊の原因が女性側でも男性側でも、不妊治療はカップルで受診することが重要です。しかし、男性は泌尿器科、女性は産婦人科が専門となり、病院・クリニックによっては男性の受診日を限定していたり、提携先の泌尿器科を紹介するところもありますので、事前に確認しておきましょう。

妊娠が成立するために精子が頸管を通過して卵子に到達する必要がありますが、精子の数が少なかったり、精子の運動性が低かったり、射精できない場合には不妊症となります。

男性の不妊症の原因としては射精がうまくいかない性機能障害の他、造精機能障害、精子の通過経路障害、内性器の炎症などが挙げられます。このうち最も多いのが精子を十分に作ることができない造精機能障害で、全体の80〜90%を占めています。精液検査を行って精液の性状や量・濃度をチェックし、最適な治療法を検討します。

精子の流れ

精子の流れ

※造精:精子が造られること