不妊College データに基づく不妊治療の基礎知識

医療施設検索

不妊College
治療の流れ

不妊治療には、タイミング療法や人工授精などの一般不妊治療と、体外受精や顕微授精といった より高度な生殖補助医療(ART;Assisted reproductive Technology)があります。
不妊症の原因は様々であり、それに応じて治療法も異なりますが、基本的には簡便なものから始めて、妊娠が得られなければより高度な治療にステップアップしていきます。不妊治療の基本的な流れは、①タイミング療法→②人工授精→③体外受精→④顕微授精です。なお、治療法の選択は、不妊原因や年齢などを考慮して個別に判断されます。

治療の流れ